ロックファッションを追うと決まって、これにたどりつく・・・・Nassau Jacket! 
  「政権交代!」とやらでやたらと騒がしい今日この頃じゃな。 は?「七鉄さんはどっちに投票したの?」だとお〜?
一応事前に民主さんのマニフェストは読んだんじゃが・・・高速道路無料に公立高校学費無料に子育て資金援助に・・・
う〜ん、これに「ロックン・ロール・アイテム普及推進」なんかがかまされておれば、間違いなく・・・なんてことを考えながら深酒しておったら、
投票時刻を寝過してしもうたわい!まあお国の情勢はセンセー方にお任せして、わしはこれからも自らコツコツとロックンロール・アイテム普及活動じゃあ〜!

 いよいよ秋物シーズンの到来じゃな! 今年は比較的“涼夏”じゃったので、例年よりも早く「THE-KINGはどんな秋物のブツをかましてくるんだろう?」っつう期待感が高まっておったことじゃろう。 分かるぞ、その気持ち、やるの!そろそろロックンロール・ジャケットを羽織りたくてうずうずしてきたんじゃろう。うむ、よろしい、素晴らしい心がけじゃな。 そんな早秋のロッカーの気分を限りなく満足させるブツ、それが新作ナッソーのワンツー・パンチじゃ!
ロックファッションっつうもんを追うとじゃな、これにあたる事を20年もの昔にTHE-KINGは解っておったんじゃ。もういう事はないじゃろう。
 
 まず、熱きロックンロール・ファッションの原点に戻れ!と言わんばかりの、華やかなレッド・カラーで統一されたタイプ! 「レブル・ジャケット」のレッドの味わいにもノックアウトされたが、こっちのレッドもタダモノではない! レッド・カラー・イコール情熱(熱い血潮)という「色言葉(ワード・オブ・カラー)」は世界共通のようじゃが、 ここはひとつ認識を改めようぞ。 細部に亘る細かい拘りでキメられたTHE-KING製ナッソー・オリジナルのカッティング・デザインによって、 平面生地では感じることが難しかったレッドの隠れた風合いが見事に浮き彫りになっておる! 同時にTHE-KING製ナッソーのカッティング・デザインのクールな魅力も改めて実感できる一着じゃ。 今までレッドというカラー自体が発する閃光に及び腰だった輩も安心せい!新しいファッション・センスを切り開くことができるぞ。
 そして、フロントに惜しげもなくチェック地を使用したクール&シックなタイプ。 元来チェック地は立体的でアカデミックな風合いが特徴じゃが、
ここに使用されとるタイプは「擦りチェック」と呼ばれる、下地に染み込んでいくような落ち着いた佇まいを醸し出す極めて芸術的な仕上がりじゃ。 この珍しいタイプのチェック地がナッソーに転用されとなれば、それを着こなせるのは、ロックと人生に深〜い造詣のある わしのようなベテラン・ロッカー・・・いやいや、これからロックン・ロール・アイテムの新境地を切り開いていくエネルギーに満ちた諸君が 羽織ってこそ、このジャケットに新しい生命が宿るってもんじゃ。バックサイド上部にまでこの「擦りチェック」がはめ込まれており、 ブラック地とのアダルトなコンビネーションは全身に亘ってぬかりなく発揮されておるぞ。THE-KINGがまたまた完成させたナッソーの新境地でありこちらはスーツじゃ。
 
 もう亀田兄弟もチャンプ内藤もモハメド・アリも、ジャイアントの馬場さんもこのワンツーパンチのド迫力には敵わない!
着用する前から現物を見ただけでわしはもうフラフラじゃあ〜。(酒のせいではないぞ!)ビシッとキメてストリートを闊歩するのは諸君に任せた! パリコレがどうした、秋コレがどうした!ロックンロール・ストリートを驀進するのはこれらのナッソーであ〜る!
  
                                                                       MADE IN TOKYO



ナッソージャケット ハリウッドジャケット

SP-173   ウール RED
オールシーズン SIZE:M.L.LL 裏地 キュプラ

JACKET PRICE \34,440 (税込み)

 
MADE IN TOKYO
Friendy relations memorial card付き


SIZE.M SIZE.L SIZE.LL



nassau jacket hollywood jacket



売り切れ寸前となったロールボタンダウンシャツにブラックの
ロックンロールタイ。それにしいもブラックとレッドはキマルのぉ〜
諸君が大好きな、ウールギャバっというやつじゃ。
実際は50's carのレッドみたいな上の写真の方が現物に近いぞ!





ナッソージャケット ハリウッドジャケット
SP-174   ウール BLACK×CHECK
オールシーズン SIZE:M.L. 裏地 キュプラ

SUIT PRICE \47,880 (税込み)

 
MADE IN TOKYO
Friendy relations memorial card付き


SIZE:
数量:
SIZE:
数量:



hollywood jacket
NASSAU JACKET
あえてネオロカモードにしてみたが、これはクラッシックナッソースーツの
部類でもある。ウエスタンコインローファーはヒュアでもネオでもあるぞ!





 そしてもう一発は、ここ最近、大常連様よりご依頼をお受けしたブラック×ホワイトの細かい目の(ここがミソ!)千鳥格子のナッソージャケッシじゃ。こちらは、御注文を頂いてから、2〜3週間の納期を頂きたいんじゃ、ちょっとしたお出かけに大変便利な一着じゃ、よろしく頼むぞ!!      
ナッソージャケット
SP-175   ウール 
オールシーズン SIZE:S.M.L.LL 裏地 キュプラ

JACKET PRICE \34,440 (税込み)

 
MADE IN TOKYO
Friendy relations memorial card付き

     2〜3週間の納期を見据えたご注文はこちらより↓

SIZE:
数量:





2009 Hunting Cap 今年最初のハンチングじゃな。ナッソーに使用してきた貴重な素材での
ハンチングじゃぞ。ラメにネップにペンチェック・・・モンクあるまい!

新作に限らず、日々在庫状況が変動するので、これらに限らずチェックするべしじゃ!


50sハンチング 50sハンチング 50sハンチング
TC-025 BEIGE
ラメ入り


  SIZE: FREE バックストラップ付き

\5,040 (税込み)
TC-026 BABY PINK
ラメ入り


  SIZE: FREE バックストラップ付き

\5,040 (税込み)
TC-027 SILVER GRAY


  SIZE: FREE バックストラップ付き

\5,040 (税込み)
数量:
数量:



ロックファッション ロックファッション ロックファッション
TC-028 GRAY
ラメ入り ネップ


  SIZE: FREE バックストラップ付き

\5,040 (税込み)
TC-029 BEIGE
ネップ


  SIZE: FREE バックストラップ付き

\5,040 (税込み)
TC-030 GRAY
ラメ入り


  SIZE: FREE バックストラップ付き

\5,040 (税込み)
数量:
数量:
数量:



ロックファッション ロカビリースタイル
TC-031 BLACK
ウィンドーペンチェック


  SIZE: FREE バックストラップ付き

\5,040 (税込み)
バックストラップにより55cm〜59cmのfree size
数量:





Special Thanks! : Mr R・Yanagiya,
Mr K.Mikio, Mr.Yabuki & Mr.K.Fumio
&Mr.Hosaka & Mr.Sakai & Mr.Kikuchi

7TETSU & 8TETSU & SUZUKI 

& Mr.ITO & Mr.MATSUSHITA


& 50s.jp
 イラスト作者 YANAGIYA先生から一言 

  かつて、アメリカの大動脈的役割のルート66!!
いや〜、しかしぞろ目の666だったら洒落にならんね〜(^^;
      ★+ダミア〜〜〜ン+★!?





ご新規様プレゼントキャンペーン中! 詳しくはこちらで。
THE WANTサービス
 御購入を御検討頂く際、生地のサンブルの御郵送が可能となりました。何なりとお申し出下さいませ。
 ※SP-021 礼服ナッソースーツにおきましては、〜月〜日までに用意して欲しい!だとかの
お声に極力対応致しております!
お気軽に御相談下さい!

 スポットプレゼント登場!
現在一万円以上お求め頂くと上の牛皮製コインケース(非売品)をプレゼント!
お一人様一個とさせて頂きます。 カード入れにも最適! ジツにシブイお品なので、絶対ゲットするべしであ〜る! BY 七鉄

新潟県 K.S様をもちまして終了となりました。
非売品コーム完成につき(今度のカラーはアイボリー)一万円以上お求めの方にこちらもプレゼント中!
お一人様一本とさせて頂きます。


ザキング
 これよりお求め頂いた方に上のステッカーもプレゼント!!!




★THE KING ステッカー 誕生!

theking the king
ステッカー TYPE,A BLACK ステッカー TYPE,B WHITE


 ステッカーだけ欲っしい・・・という方は、一枚\500 (A5 SIZE) 一枚なら\580、二枚なら\1080分の切手を下記までお送り下さい! TYPEの記入をお忘れなく!

 〒131-0045 東京都墨田区押上1-41-7 1F THE KING販売部 ステッカー係り

尚、衣類をお買い上げの素晴らしいお方には、無条件でこちらのタイプのステッカーをプレゼント!
    ガンガン貼ろう♪



 ★ 大木のたっちゃん!  アメリカン・ドリーム・カーの魅力を語る !!

 過去数回ご登場頂き、今やTHE KING商品管理部部長の座までしっかり登りつめてしまった大木のたっちゃんに好きなモンを
語って頂くと致しましょう♪
   んでは、たっちゃん、まぁーそうお堅くならずに、どっ、どうぞ!


 え〜 ザ・キングフリークのみなさまこんにちは。

1950年代はアメリカの自動車業界にとって黄金時代と言って過言ではないと言えよう。

その中でもGM社のキャデラックは特に魅力的な自動車と言えよう。

今回は僕が特に好きである1958年型のキャデラック(クーペ・デビルが最高だね)の魅力について語ります。

 1958年型の特徴とは・・・

 ★ 車幅いっぱいに広がるフロント・グリルの広大さ。

 ★1958年は全車が一斉にデュアル・ヘッドランプ(丸目四灯)を採用した年である。丸目四灯のヘッドランプの位置が
   フロント・グリルよりも上方に位置して、目玉がギョロッ! とした感じがたいへん個性あるスタイルである。

 ★直線的なスタイルの中にも丸みを帯びた部分がたくさん有って、とても重厚感を感じます。
  


 ※写真は1958年型 キャデラック・エルドラード・ビアリッツ


 特にクーペ・デビルのリア・スタイルは大変魅力的だね。
55年、56年のエルドラードに採用された鋭角にとがったジェット機風のテール・フィンをさらに大型化された中に、
小ぶりであり丸型で赤色のテール・ランプと白色のバック・ランプに気品がただよってますね。
ハニカミ王鬼!!
いや、ハニカミ大木の
たっちゃんだ!


 数台の50'sカーが集まった中で50'sのキャデラックが一台でも居ると
全体のスケールが大きく見えるんですよね。
さらに他のクルマよりも輝いて見えるんだよね。
やはりキャデラックは偉大なクルマなのであろう。


※GMデザイン担当副社長 ハーリー・アール


テール・フィンを確立させ、クロームで彩られた50年代のアメリカ車、
そのデザインをリードしたのはGMだった。 いや、より正確にいうなら
そのデザイン担当副社長ハーリーJアールだった。


デトロイトの帝王ハーリー・アール。1951年のドリームカー・ルセイバーを前にして


 
いよっ! たっちゃん、どうもありがとうございました!



 

 番外編        

  海の家のラーメンとスキー場のカレーはなぜあんなにウマイのか? それはただ単にお腹も空いているけれども、要するに疲労した体が塩分を求めているのであ〜る! とは言いつつも何も一度に、塩ジャケ&焼きタラコをおつまみにしなくともいいんでないかい? しかもろくに疲れてないのに。それでもなぜか塩分を求め実行してしまっている今日この頃、皆様の方はゴキゲンいかがでしょうか? それプラス、醤油をがっちりかかった"ほうれん草のお浸し"があるとよりベストなのですが、最近居酒屋さんとかにこのメニュー・・・・無いんですなぁ〜。(残念風)ちょい昔は、オトオシで出てきて、うぉ〜! 気が利いているね、ここんちは!! なんて言っていたのにぃ〜。ほうれん草を湯がいて、お浸しにすると、見た目ボリュームがあった初期の葉っぱ状態がキュッとしまっちゃって、こんなチョビッとになっちゃう・・・だから割があわないのよぉ〜って聞きましたっけね。

 アロハオエェ〜♪なんて口ずさみながら、アロハ一枚で夜道をテクテク歩くと、もうヒンヤリしてまいりましたね。秋の虫達のテッズジャケット声がまた何気にリラックス感を与えてくれます。まぁ〜それはいいとして・・・・・
 
 いやぁー人生っていうのは色々ございますね〜(凄く落ち込み風で) 礼服ナッソースーツをサクっと取り出すのはいいのだけども、ブラックの方のあみタイをしないとならない時、どうしてもその現実を認めたくないというか何と言うか・・・。ま、落ち込んでばっかいられませんが、この夏の終わりに友人を失ってしまった精神的ダメージは大で、一週間ほど、ひたすらボ〜〜っと致しておりました。人間誰もがこういう深い悲しみと直面しなければならないケースがございやすが、そんな度、ジンセイって一体何なんだぁ!ってなっちゃいますよ。結局、元気回復法として、ビルヘイリーやエルヴィス、 チャックベリーのCDをヘッドフォーン破裂寸前まで聞きに聞きまくり、や、やっぱっていうか つくづく音楽やファッションっていいね!ってなるのでございます。ちょっと重いオハナシで失礼致しましたっ。

 えっ!? なーんもいい事なかった夏だったのですって? ちょっとちょっとぉ〜 もうそりゃ〜アータっ!! 超ゴキゲンな夜がございましたぜよ。TOKYO TEDSをやろうと訴えた伊藤氏とSTRAY CAT'Sの海外公演までガンガンに足を伸ばされる、麹町の洋菓子屋の3代目の松下氏をどーしても会わせたかった手前、飲み会決定! ここで待ち合わせして、それぞれを御紹介させて頂くつもりでしたが、既に下町の駅でバッタリ!とデク合わしたみたいで、一秒で意気投合! 共に40代であるが、どーみても見えず、熱すぎるお二人にプラス8人の仲間達が加わり、突然のロッカー軍団に庄屋押上店の店長、汗ダラ〜ン!! 二件目は下町の赤ちょうちんに、颯爽と移動しそこんちの常連のオジサマ、オバサマにも相当大うけ! な、なんなんだ!! この軍団はと・・・・。ニコニコしながらSTRAY CATS談話をフツーに6〜7時間、やってのけているのだから恐ろしい! っというか並ではない。いや、嬉しい!

 いま40代が熱い! いや熱過ぎるのだ!
ちょいワルオヤジではないぞ! フツーにお兄さんに見えちゃうとこがグレイトなんです!そこがやはりロカビリーの魔力なのか?その後、更にもう一軒ハシゴざけぇ〜♪。。。。。た、たまにこういう夜があっていいのだ!! アンタ毎回でしょう?? ってまぁまぁ〜

っというっわけでございまして、今後 あなたにも飲み会のお誘いのメールやカードが届くケースが、考えられます。好きなモンがある、好きなアーティストがいる!!って素晴らしい事ですし、幸せな事。こんなにもイカス、芸術的な音楽やファッションを往年のロックスター達が残してくれたのだから、ここでは何も進化や流行を追うつもりはなく、秋の哀愁もあいまってここはしっかりと優れたモノなど置き去りにしていっていないかを見直していきたい。。。。そう考えている今日この頃です!


キャデラック
こちらは1959年型のキャデラックリング

GO TO HOME