2004年最初のナッソースーツ、ようやく発表させて頂きます!今年はあの、あの偉大なELVIS PRESLEYのデビュー50周年にあたる年で、ROCK'N' ROLL誕生50年という記念すべき年です。半世紀も昔、通称HILLBILLY CATがこのようなジャケットを着こんで、アメリカの各地で大暴れしてたかと思うと、思わず泣けてしまいます。
 SP-029  ホワイトギャバジン
 
 50'sブルゾンなどの古着でかなり登場するギャバジン。この織でのナッソーは熱きお客様の声によっての登場です。ましてホワイトはありそうでないんです。 まぶしいまぶしい、ホワイトギャバジン・ナッソースーツです。
   

 SP-030  ブルーネップ
 
 ロカビリーや50's好きはピンク&ブラックというパターンがコレまた粋なんですが、ブルーっていうカラーもやはりそそるものがあります。Blue suede shoesとかG.VINCENT& HIS BLUE CAPSだとか。ブルーベースのネップ生地なんて、かなりキテます。
   

  

 ウール オールシーズン SIZE M.L.LL. \45,600+TAX   ウール 春夏  SIZE M.L.LL. \45,600+TAX
   M .Lのみ再入荷! LL.  



SIZE:
数量:

SIZE:
数量:
 SIZEの寸法はこちらのページで
2004年より御購入を御検討頂く際、生地のサンブルの御郵送が可能となりました。何なりとお申し出下さいませ。

番外偏 

「ナッソージャケット」っていうその素敵なフレーズだけで、アタシャ〜ドリーミンの世界に引き込まれてしまいます・・・・・なぁ〜んて前回申し上げましたが、ホントその一言なんです!何せ初めて出会った時、ビビッ!!でなくビビビビビッ!!!って来てしまいまして、流行や最先端のモノには目もくれず(実際は、その段階でついて行けなかっただけッス!)以来、勝手にマイ・ナッソーブーム勃発!それは年が経つにつれ、これまた勝手にマイ・美術品!となってしまった始末です。あこがれのROCK'N' ROLL STARSが当時モノにしていたという事実が、やはり大きいのでしょうが、この独特のスタイルやラインに、マニュアルにはない自由やあこがれの時代を感じ、ついホレボレしてしまうのであります。(快感なんですね、要するに。っていうか病気?) 魅力はいろいろありますが、その一つに「着やすさ」っていうのもあります。当時スポーツジャケットの一種でもあったこのジャケットは、着てて全く疲れないし、着るっというより羽織るというイキなヤツなんですねっ。エディーもタップリのサイズで羽織ってましたし、エルヴィスはジャケットの上から更にたたみかけるかのように、重ねて羽織っておりました。着こんで、堅苦しいジャケットはどうも煩わしくて・・・・。その点このジャケットは疲れ知らずで、ラクチンなんです。そんなもんですから、バンドをやられてる方々に、動きやすさという面でも、かなりお薦めできますね。んでもって、袖口のボタンを留める時に、また何か勝手にテンションが上がってきたりして、(そう、まるで自分がElvis Presleyになった気分♪)そういうのがたまらニャイのだ!まだインターネットや携帯さえも存在しなかった、あの出会いからいい時間が経ちましたが、未だに飽きがこないし、毎回、製品との御対面は事実かなり緊張し、心臓バクバク致しやす!アタシャにとりまして、ナッソーやELVISの写真集は、先程も申し上げた通り、単なるモノでなく美術品そのものです! なんちって・・・・・・・ズッシ〜ン!!!ってアルコールが攻撃を開始して参りやんしたので、これにて失礼させて頂きやす。ズッシ

 少し甘味が気になりますが、サントリーのダブル搾り(レモン)が、今はお薦めッス! 何だかなぁ〜。


GO TO HOME