o851

             通信販売の法規に基づく表 ナッソージャケット
販売業者 THE KING販売部 (ザ・キング) 
責任者 正木 勉
所在地 1-41-7 1F 2F Oshiage Sumida-ku Tokyo JAPAN
131-0045

〒131-0045 東京都墨田区押上1-41-7 1F 2F
TEL 03-6914-8420
FAX 03-6914-8421
E-mail elvis@the-king.jp
商品代金支払方法 代金着払い(佐川急便e-コレクト便) 
銀行振り込み 東京三菱UFJ、楽天銀行、ゆうちょ銀行
商品代金以外の料金 梱包発送料  北海道\1,160 北東北\840 南東北、 関東、信越、北陸、 中部\740 関西\840 中国\950  四国\1,050 九州\1,160 沖縄\1,260  代金着払いでの発送の場合、手数料\300が加算されます。
販売数量 在庫があれば特に制限なし
引き渡し時期 在庫があればご注文 より1週間以内 地域にもよりますが、最短は翌日到着。
お支払い期限 商品代金支払方法@の場合は商品受け取り時、銀行振り込み場合は前払い
返品期限 商品到着8日以内(返品の旨を電話で連絡後、あるいは 電子メールにて弊社 からの返事を受け取ってから返送)
返品送料 不良品、誤出荷の場合は弊社負担。
お客様の都合による場合はお客様負担

 Web site 管理人

  正木 勉 Tsutomu Masaki

 東京都葛飾区出身  Katsushika-ku Tokyo

  1966.November type A 

男3人兄弟の3男坊で誕生し、服は兄達のお下がりばっか。服だけはいつかいっぱい持ちたいと星に願った。


 My Hero  Rock'n' Roll Stars! 

 アルコール 長い間ビール党であったが、最近はもっぱら焼酎派に。ウイスキーに手が伸びてしまったら、次の日はオジャン! 

 タバコ キャビンマイルド

 ギャンブル た、たまぁ〜に色々とぉ〜  時にスリルは必要 !

 こだわり うな丼よりガゼン、カツ丼派! ショウ油の効いた結構しょっぱめの味つけを好み、うまいカツ丼はたいがい三つ葉がのっているものだと言い張り、ケダモノのようにほおばる。最近はコーヒーよりもっぱら日本茶。そばつゆは濃い目の辛口を好み、そば湯が出てくる前に既にゴックン状態。まぐろはトロより赤身、ソースはウスター。ステーキよりも豚のしょうが焼き派(おろしポンズもいいっす)。納豆にはカラシは入れない、パンツはお肌に優しい純ブリーフ派。(グンゼの快適工房 しかも天引き) 牛丼はつゆ抜きでベニはガッチリっ。コンビニのおにぎりはパリパリ海苔よりもまったり海苔の方を選ぶ。とろろごはんにキンピラゴボウ、ひじきにしらすの釜あげなど素朴なうまみを持つ和食と日本の製品の素晴らしさは世界トップクラスだと断言。品物企画&製作においてはまだまだ修行の身です。


 悩み タマゴかけゴハンで、腹痛に襲われるようになった事。大腸の検査を薦められているが・・・今度今度で、きまって引き延ばし作戦だ。朝の牛乳も同じくデンジャラスとなった。
 それとELVIS&ROCKABILLYにはかなり詳しいとお客様より勝手に思われてしまう事。実際はそんな事は無く、つい先日もDon't Be CruelとTeddy Bearを聴き間違えていたくらい。Teddy Bearが流れているのに、やっぱDon't Be Cruelだわねぇ〜なんてエラソーにホザいていたくらい。そもそも知識などとりたて無い! だから感覚や感度でいくしかないと日々思っているわけなのでしたっ。


 おつまみ一品を選ぶなら ほうれん草のおひたし
                     飲んでいるものにもよる。

 ゴカンベンなもの ラッキョウ、キュウリ、生肉系 レバ刺しとか。 この地球上に全ての食べ物が無くなり、これらしかない!ってなったら、たぶん涙を流しながらおいしいと大シャウトすると思う。要するに単なる食わず嫌いというやつだ。

 好きな番組 ・遂に出た徳川埋蔵金!だとか、幻の巨大生物を観た!とかの特別番組。(毎回決まってミステリーにて終わる展開は暗黙の了解。Nassau suitを来て正座してしっかり最後まで観てしまうほど)探検モノ、自然モノ、ミステリアスモノ。最近では本郷た、いや藤岡弘探検シリーズが特にお気に入り。テーマソングもあった川口浩探検隊ももう一度観たい。
 
 お気に入りのフレーズ


・大人だって遊びたいよねっ。だってそうでしょ? そりゃそだもん!
・無我夢中! もう、どうにも止・ま・ら・ない。 ゴキゲン!
・TAKE IT EASY & フルリラックス
・アメリカンドリーム
・人生いろいろ 生きてるだけでまる儲け!


 ポリシー 思い込んだら試練の道、品物作りにおいては様々な困難に必ず直面するが、途中であきらめたものは無い。

スーツはナッソー、シャツはイタリアン、シューズはダブルコバ、リング&ペンダントは ホースシュー。 時計はロードエルジン&ハミルトン 
シャンプーは資生堂スーパーマイルドシャンプー。

 純独身 お見合い中国ツアー参加を密かに検討中。

募集 ご新規様とヨメ!   後者においては急募からはや10年以上経過! 婚期を逃したその逆襲が鋭いロックアイテムと変わるとか。実は華の独身を楽しんでいるとか
 THE KING 経歴

 1985年 有楽町 読売ホールにて開催されたELVIS PRESLEY生誕50周年祭の会場にてグッズの売り子として(当時 華の高校3年生)アルバイトにて参加し、カンバッチコーナー担当。\300のバッヂだけでうん万円の売り上げを作り、売り子として認められ高校卒業後そのままその会社にイン。


・1985-1992 ELVIS PRESLEY&ROCKABILLY SHOP 原宿 LOVE ME TENDERに勤務。商品管理、接客、カタログ製作、商品企画、買い付け、仕入れ、ディスプレー、顧客名簿、広告作りetcをここで学ぶ。88年からは2代目店長として任務し、SHOPのオリジナルアイテムやLIVE会場にて販売されるSTRAY CATSのLIVE GOODSなどのデザインも当時手掛けた。

原宿で出会った仲間達、柳谷先生やNOBY、金井さんとBLUE RIVERSというバンドもして楽しかった!


・1991 もう真っ白に燃え尽きました!と社長に伝え、辞表を提出。でもスンナリ辞めさせてもらえず、その後本社勤務という思わぬ展開であららっ。

・1992 社長より"成せると思わずして成せるはずなし"という一筆を頂戴し、円満退社。 でも当人は何をして良いのかも解らず、自由を手に入れる為に渡米。サンフランシスコでROCK STOREを手掛けられていたご夫妻の元で住み込みにて働く。休みの日はホースシューリングやフタ付きシューズの金具の行方、はたまたカーメル社などガンガンにリサーチしていた。帰国しても寅さんのごとく国内ブラリブラリ状態。パチンコは当時ウハウハ出た大連チャン時代であった。

 THE KING ブランド案が浮かんでは消えていったのがこの頃。 今でこそTHE KING=ELVIS PRESLEYは定着しているが、当時はまだ知る人ぞ知るのフレーズであり、それを何かの本で知った時はかなり衝撃が走る。それ以前より完全に定着していた"THE KING OF ROCK'N' ROLL"を略したものと言えばそれに過ぎないが、なぜかそれとは異なる何か新鮮さなるものを勝手に感じ、以来お気に入りのフレーズとなった。


 まったく違う業界のTHE ・社長という席が約束された大逆玉ドンデン返しのお見合い話を頂いたのもこの頃。写真をチ、チラっと拝見させて頂いたらエライ美人でクラ〜。 でもやるべく事が既に見えはじめており、丁重にお断り。そっちの世界に行ったらTHE KINGブランドは誕生していない。


・1995 アメリカで捜し求めたホースシューリングは結局見つけられず、スタンダード ホースシューリングを発表。実際ブランド名というよりも、RING内のあくまでクレジット的感覚でTHE KINGと入れたのが最初。バリエーションは当初GOLDとSILVERの2カラー各3SIZEのみで、1200個をおよそ60日間で売り切り、その後SILVER製、KING MODELと進化していく。

・1996 切れ味最高のNASSAU JACKETというタイトルでガウンタイプも含め発表。全SOLD OUT。 また96年から98年にかけてカタログを発行。(残りなし)
・ロカタイ、ブルーキャップ、アニマルツートンハンチング、SILVER製品と淡々と発表していく。

・2002 Web Site誕生。そもそもパソコンは大の苦手、チャンチャンコを放り投げハチマキして猛勉強したが未だによく解ってはいない。!


・2003 NASSAUをSUITとして発売。これは高い評価を得る。

その後、SILVERアクセ、フラップシューズ、ノーマルパンツ、ピストルパンツ、ロングコート、スリムベルト、イタリアンカラーシャツなどなど不定期なペースにて発表。


 イギリス、フランス、オーストラリア、ロスアンゼルス、メンフィス、ノルウェー、中国etcにも出荷中


・2007 MEMPHIS FLASH BRANDの多大な御協力によってホースシューリングがELVIS PRESLEY ENTERPRISES社より公認。


製作したいものは星の数ほどあるが、オリジナル・ウイスキーにいつの日かチャレンジしてみたい。既にボトルのデザインは出来ているぞ!
キャップが2つ付いているのだ。




Web site サブ管理人 ガンコ七鉄

本名:嶋健
19※※年 東京都生まれ。

学生時代より酒とロックと旅にハマル。
仕事をして資金を稼いでは旅に出て、金が無くなれば仕事を再開するという、
明日なき人生をモットーとする道楽者。
89〜94年 ロック雑誌各誌編集長、原宿ギミーシェルター店長、ロックアイテム全国販売イベント隊長。
95〜05年 日本各地、世界各国を放浪。訪れた国は世界23ヶ国。放浪途中で現地日本語情報誌編集長、日本料理店店長に着任。
06年本帰国。渋谷ゲットバックにてビートルズ来日40周年関連イベント企画、情報誌製作を担当。現在フリーランスライター。旅行、ロック、建築関連の執筆に従事。

フェイヴァリット・ロッカー:エルヴィス、ジョン・レノン、ジム・モリスン
フェイヴァリット酒:オールドブッシュ・ミルズ、ジャック・ダニエル、ティオペペ、赤兎馬
フェイヴァリット・シティ:ニューヨーク、ブダベスト(ハンガリー)、バンコク(タイ)



Web site サブサブ管理人 頑固8鉄(サンチャゴ・タムラ)

 1961年、東京、千代田区麹町生まれ。
子供のころから、父にギターを教わるが、10代前半より、ジャズ、50年代ロック、カントリー好きとなり、
18歳でステージ・デビュー。(虎ノ門ホール)
大学卒業、就職後も、本業の傍ら、音楽活動を続け、様々なジャンルで、ギタリスト、サックス奏者、アコーディオン奏者、歌手として、ライブハウスで活動。
90年代にはワンマン多重録音自主制作をするなど活動。
ミュージック・マガジンでライターとして活動したり、イラストレーターをしていたこともある。
2000年以降、ライブ活動を再開、戦前アメリカ歌謡バンド「メディパックス」を運営後、現在は、50年代アメリカン・ドゥーワップと昭和歌謡を演奏するアカペラ・ドゥーワップグループ「ザ・ジルコンズ」を率いて、都内のライブハウスに出演中。
蕎麦とパスタと焼肉好きのワルワルオヤジである。




〜REMEMBER〜



ストレイキャッツ ストレイキャッツ ストレイキャッツ
HARAJUKU LOVE ME TENDERにて。(1990.5.6)
BILLY諸川氏がSTRAY CAT'Sを連れてきてくれました。ジーナをガンガンに流していたら、それに合わせて歌うナマのブライアンの声が聞こえてきて、失神しそうになりました。
店と本社を行ったりきたりしていた頃、製作したカタログ。NKベイホールで行われたCAT'Sのライブの全座席に置かれたものです。 1991年当時のLOVE ME TENDERの店内。このようにロカを主張すると
ELVISマダム達に「ELVISの扱いが少ない!」"などよくお叱りを受けました。



同年のクリスマス時。レジの隣にウイスキーボトルを並べまくり、
閉店後はチビリチビリっやっておりましたっ。
札幌公演でのLIVE終了時。控え室でドゥワップが始まってブライアンは指揮者をしており、きっとこの頃からオーケストラ計画があったのでは?と勝手に予想。



ストレイキャッツ
本社にてJACKダニエルを握り締めているお方は、 向野氏。(LOVE ME TENDER初代店長)と・に・か・く・お酒という方で、ホントよく飲みに行きました。このお方による革ジャンペイントは我がお宝品。現ビリオンダラーズの社長はあこがれの人です。 MEMPHISのランスキー内。このお店のこのミラーでかのELVISが 服を合わせていたという。NASSAU羽織って真っ先に飛び込んで行きました! 88年頃。現在このスペシャルな場所はLOVE ME TENDER MEMPHIS店!!! 当時ライブ会場で売られた
ペーパータトゥシール。プロディースは原宿LOVE ME TENDER。
SUN スタジオのミキシングルームに特別に入れてもらってゴキゲンの様子。この前のウィンドーからElvis,Bill,Scottyが写真のように除いていたんだよって当時のオーナーさんに告げられ、ただひたすらジ〜ンとするのみ。気分はMr:Sam Phillips !



ナッソージャケット ハリウッドジャケット
88年に発売されたLOVE ME TENDER製のNASSAUは私にとって宝物。
もはや20年ものでなかなかイイ味が出てまいりました。
 こちらが当時のネーム、懐かしすぃ!!



ELVISのこのRINGこそROCKのRINGに思う。HORSESHOEに幸せの到来という意味がある事を知ったのは製作段階に入ってからで、そういう話題性より、とにかく王者のリングに近づきたかっただけ。 まだWebサイトを起ち上げてない頃、わずかなお客様に発送したカタログ。 イマこれを全てお持ちの方がいらしたら、大拍手を送りたい気分でございます。現在は各表紙のみの為、 コピーも不可。この地味な封筒は郵便局を驚かせました。




〜NOW〜


 皆様いつも大変お世話になっております! はじめてのお方はどうもはじめまして! 優れたメーカーが数ある中、ここを訪れて頂いて誠にありがとうございます。ROCK FASHION BRAND "THE KING"の正木です。THE KINGってベツに店舗があるわけではないし、いったいナンなんなんだぁ〜? 今ひとつ形態が解らないなっ だとか、イヤイヤあそこは単なる大道楽でやってるだけだゾ!って思われるお方も少なくありません。そういう点ではるか以前よりきちんとした形でWeb管理人ページ及びブランドの形態をお知らせさせて頂く必要性が充分あると感じておりましたが・・・・何というのでしょうかぁ〜。今まで番外編にて "アタシャ節"でこうも長い期間引っ張ってきてしまうと、今さらぁ〜!というのもございましたし、また、裏街道的なフンイキが半減してしまうのでは?なんていう手前共の勝手な思い込みが浮上し、どうも気が進まなかったのです。が、しかぁ〜し! 販売をさせて頂いている以上、この考えは良くないのでは? っというよりあまりにワガママ過ぎるぞ! とようやく気付き、正式なご挨拶を兼ねてこのページを作らせて頂いた次第です。

 よくはじめてお買い上げ頂いた方に、「商品"無事"に届きました」と言われるケースがございます。こちら側からしてみれば、無事に届かなかったらマズイでしょう!!ってあたり前に思うのですが、これはご新規様にとりまして、初めてのお買い物となりますと、やはり相当な不安が生じていらっしゃる事もここへきてようやくお察し致しました。
今一歩ブランドの形態が解らない・・・・これにおきましては、手前共のソウコから鮮度あるアイテムをダイレクトに出荷とお考え頂ければと思います。

 これまで服の展示会には一度も参加した事もなく、また全国各地のショップ様への卸し営業におきましてもお声を頂かない限りほとんどせずにやってこられたのは世界中至る所に点々と、ロックンロール好きの素晴らしき方々がいらっしゃって、ズバリそのような方々に支えられて現在に至っております。またそのような偉大なカスタマーは、大工の棟梁さんから病院やガッコウの先生、出会い系サイト経営者から水商売の方々までさまざまな職種であって何だかんだ皆様ロックンロールが大好きなのでございます。
っと言いますかロックンロールを美術、芸術的な角度から感じ取られているステキな方達なのです。

 世の中には数え切れない程の趣味や好きな事が存在しますが、それにしてもROCK創世期のアーティスト、またその時代や当時のファッションの追求って、非常にイカス趣味といいますか数値で表せないカッコ良さを秘めていると思います。どうかお部屋の一画で結構ですので、ロックンロールアイテム・コーナーを設置して頂いて、日々の生活の安らぎやエネルギーにしていただきたいのです。 身につけて、飾って置いてもサマになる優れたROCK'N'ROLL ITEMSは心が踊りパワーを与えてくれるものです。

 確かなムードを持ち、"切れ味抜群の美のロックンロールアイテム"という1つのジャンルの確立は手前どもの永遠のテーマであり、またそれらをとり揃えていくスリリングな楽しさを皆様に御提案させて頂いている次第です。

 人間が日々の生活の中で楽しくなれるROCK'N'ROLLはまだ音楽的にも美術的にも世間ではいまひとつ評価されておりません。しかしながら、この素晴らしき音楽と美のロックンロールアイテムは、人が夢中になれるもののひとつとして、近い将来に音楽や美術の教科書に掲載される時代が訪れることを夢見ております!

 ここは浅草雷門からおよそ3kmの位置の東京下町、時間がのんびり流れ、品物を作るにはいい環境のようです。また、 ナッソーにピストルパンツ、フタ付きのシューズにホースシューリングを高く評価して頂きありがとうございます。これからもしっかり時間をかけてROCKABILLYの名に恥じる事のない確かな作品を手掛けてまいりますので、どうぞ皆様、周りのお仲間の方などお誘いの上、よろしくお願い申し上げます。たかがキープオンロックンロール、されどキープオンロックンロールです。



写真は隅田川に架かる「言問橋」。2007.12.26 ロンリークリスマス後の冴えない表情!東京下町育ちの場合、たいがい親から「川から流れてきたお前をここで拾ってしまった!」
って言われる場所。
付属ものなどを取り揃えるアシスタント的な仕事がほぼ私の仕事であって、この橋を渡らない日は少なく日々チョロQのように動き回っております。



ザキング
THE KINGの倉庫内。ここで商品撮影などもしてます。左上段にかかるジャケット&スーツは全てNassau。サンプルだけおこして、ボツとしたシャツなんかもまぎれ込んでいる状態。 皆様の商品を発送する作業テーブル。このケースの上でパンツを折ったりと・・・ テーブル右側にある機械はポリシーラといって、ピニールを留めるもので、エアパッキンを 密封する際によく使用してます。上に吊るされているNassauは既にご主人様が確定されているものだとか。


右上段にかかるジャケット&スーツもゼンブNassau。Nassau Jacket愛でもあるが、まだまだこの程度では全く物足りない。未だに奥深く、なぜか"飽き"というものを与えないこのジャケットには魔力がある気がしてならない!

2006年に撮影されたものなので品物の在庫状況は異なります。



ザキング ザキング
ガンコ七鉄先生と競い合ったマーガレット嬢の絵が未だに未練がましく・・・・。
壁にかかっているのはNassauに使用される大切な生地で、これぞVIP扱いとなっております。
このソウコから、抜群の鮮度の品物をダイレクトに お客様に発送してしまうという発想がTHE KINGなのです。要するに蔵出し出荷みたいなもの。 表紙にも登場するスーツが収まった額はいつの日かルーブル美術館に贈与される予定だとか?




ザキング ピストルパンツ
ホースシューリング&ペンダントだけのショーケース。
王者ELVISのRINGだけにこれは別格の扱い!
THE KING純正のひねりの利いたシルバーアクセサリー達。


この倉庫の2Fで私が敬愛してやまない、本来ウエディングドレスを専門として縫う職人様監修の元によってTHE KINGのNassauのほとんどが生産されています。今度時間ができたらそんな事を紹介してみようと思います。

THE KING frindly relation memorial cardを10枚以上所有されたお方におきましては、お呼びたてさせて頂く事があります。 
 その際はどうか御協力の程よろしくお願い致します。


GO TO TOP