〜遂に到来! 初の理事長級のNassau suit & Jacket!!
 すっかり真夏に向かって明るい日差しの輝く季節となりましたね、
そんな豊かな陽光とともに、皆様に明るいニュースをお届けいたします。
ちょいと早めに仕事を切り上げて、夕方の街にでれば、まだ昼間のような明るさ。
そんな夏の夕暮れにぴったりの新作は、クラシックでエレガントな、シャークスキン生地のナッソー・スーツです。

 さて、ちょうど前回、番外編にて「シャークスキンが、アメリカでもCOOLアイテムとして注目度がアップされているのに、極めてレアになりつつある。」なんてことを書いたのですが、まさにどんぴしゃりのタイミングでのリリース!
現在でもシャークスキン・スーツはあるのですが、「光の当たり具合で違った色に見える」という、古来の伝統的なシャークスキンとは違うタイプのものが多く、日本では「玉虫」と言われた古式ゆかしいシャークスキンは珍しくなってきています。

今回のナッソーは、シャークスキンの定番中の定番でありながら、レア度の高い、ホワイトフレックの入ったシルヴァー・グレー。いかんせん、どこのテーラーを廻ってみても、「ありません・・」と言われてしまうような素材を、一体どこから発掘してきたのか、THE KING! 口笛を吹いて涼しい顔をしていたが、影では並々ならぬの努力をしているはずだあ!
 室内で見ると、渋めのグレーに見えますが、陽光の下、はたまたステージでライトに当たれば、陰影豊かなシルヴァーに、変身。しかも、ウルトラマンか宇宙服みたいなテラテラしたシルヴァーではなく、グレーともシルヴァーともつかない、エレガントな輝きで、古式ゆかしいシャークスキン生地の真骨頂を見せてくれる。

色合いこそ渋いクラシックなハリウッド・ダンディーではあっても、着心地はしっかり季節に合わせて、スーパーフライ級の超軽量級サマー・ナッソーとなっており、真夏の昼間にすら羽織って歩けるほど。
かつて、ハリウッドで、RAT PACKと言われた「元祖チョイワルオヤジ軍団」(親分はフランク・シナトラ)が好んだようなボス・クラスの生地で、しかも、50年代ハリウッドスタイルを代表するナッソー・スーツですから、もはや、これは、「横綱級」、「親方級」を飛び越えて、ついに「理事長級」のシロモノの出現といえます!!

 さらに、もう1点の新作は、ブラックベースにホワイトのフレック柄ジャケット。俗に皆様がこだわりまくるカスリ調というブツであります!
快進撃極まりないブラッキージャケットであり、こちらもまぎれもなくぶっ飛びでこの世のモノとは思えない事から理事長級というハンコをわたくしバコンっ!!と押させて頂きました。大人のダンディズムともいえ、現段階でTHE KINGの中で最もTHE KINGなナッソースーツ&ジャケット、ここは気合で、1着ご用意されてはいかがでしょうか。


SP-142   ウール&ポリエステル&レーヨン 
  スリーシーズン〜オールシーズン SIZE: M&L&LL 
MADE IN TOKYO

SUIT PRICE \62,790 (税込み)


素材がいかんせん、そう簡単に入手できるものではなくらしく、価格もハイクラスとなってしま
いますが、ご勘弁を!また物価高騰に伴っての価格設定では無い!との事。
写真でもその良さはわかりますが、手にとると絶句します。





エルヴィスが着たシャークスキン・ナッソー・スーツ。
トランペットで何を吹いていたのでしょうか。
 このジャケットなんかもシャークスキンっぽいぞ!いや同型か? 色々妄想に励むと夜も眠れない8鉄であります。





SP-143   ウール&ポリエステル
  オールシーズン SIZE: M&L&LL 
MADE IN TOKYO

JACKET PRICE \47,250 (税込み)
 
SIZE:
数量:
SIZE: L


SIZE:
数量:


ブラックをベースに霜降りっぽい、ホワイトのミックス。共に再生産は永遠にない理事長級であって、
牛肉のレベルならモンクなしのA5でサシの入り具合がたまらない。 あまりのクールぶりにアゴが外れそう!





Special Thanks! : Mr R・Yanagiya,
Mr K.MIKIO, Mr.Yabuki & Mr.K.Fumio
&Mr.Hosaka & Mr.Sakai & Mr.Kikuchi
7TETSU & 8TETSU
      & Atasha〜 & Suzuki 





プレゼントキャンペーン中! 詳しくはこちらで。
             ABOUT SIZE    
 御購入を御検討頂く際、生地のサンブルの御郵送が可能となりました。何なりとお申し出下さいませ。
 ※SP-021 礼服ナッソースーツにおきましては、〜月〜日までに用意して欲しい!だとかのお声に
極力対応致しております!
お気軽に御相談下さい!

 ささやかなお知らせ 

・ブラック×ピンクのビストルパンツ(TP-005) のサイズLLもいまならありますとの事。あとフラップシューズのブラックで初期型TS-010の9インチもあり! また、そのブラックのフタツキシューズの再入荷におきましては、色々ございまして近日中から8月末と変更となり、御予約者の方々にメールやお電話にてお詫びを申し上げておりますとの事。

・SOLD OUTの過去のアイテムで、何とかどうしてもというお声に対しては、影でいろいろリクエストにも応えているらしいので、ためらうことなくまずは相談するのも良しとの事です。 それと上の↑非売品キーホルダー、残り少なくなりましたとの事です。あとプレゼントのメイクアップミラーもぼちぼちヤバイとの事であります。



 番外編

 
夏と言えば、わたくし頑固8鉄、空豆を食べながらビールを飲むのが生き甲斐であります。
残念ながら、空豆はもうすでに旬を過ぎてしまいましたが、これからは枝豆のうまい季節。
オレはロッカーだあああ!って言ったところで、ここは日本なわけで、縁側で枝豆にビールを素直に楽しむのが粋、ってもんじゃないでしょうか。
今回は、いわゆる「光り物」のシャークスキンナッソーの登場となったわけですが、日本にも古来、シャークスキン的ものがある。もちろん、世界に誇る「ジャパニーズ・キモノ」であります。
わたくし、頑固8鉄、キモノはほとんど持ってないのですが、一点豪華で、粋なものが一着だけあります。
実は、わたくしの母親が「和裁の師匠さん」。かつて若いころに、息子にも・・と一着仕立ててくれたのです。
平日の昼間は、古着のシャークスキンスーツでお仕事し、ステージやお出かけのある日は、THE KINGのシャークスキン・ナッソーでキメていき、週末の夕方は、自宅でキモノ、枝豆、ビールとしゃれこんでみようかな、などと思うのです。
 さて、先日、夕方に、久々に原宿に行ってみたのですが、平日にもかかわらず、すごい人混みでびっくり。学生さんでしょうか。「なんだかなあ、オレの娘くらいの年頃ばかりだなあ」などと思いつつ、竹下通り、最近話題の裏原などをうろうろしてみたわけですが、当然、行くのは、ロカビリー、50年代系のお店。
行けば当然、知り合いだったりもするわけで、「やあやあ、こないだのイベントではどうも!」なんて挨拶を交わしつつ、某女友達の衣装などを一緒に物色したのです。
50年代ファッションといっても、レディース、というのは、わたくしもうとくて、出たとこ勝負で探して歩いたわけですが、これが意外なことに、なかなかないのですね。
古着だとたくさんあるのですが、上質かつコレクタブルなヴィンテージが多く、どうしても値が張るうえ、サイズがなかなかなかったり、復刻版を作っている国内メーカーがあまりなく、東京にいたっては1件しか発見できませんでした。結局、サイズが合うのがなくて、断念することに。
まあ、わたくしが着るわけではないので、これ以上は追求しませんでしたが、50年代大好きな女性陣はどうやって都合しているのでしょう?ここは、ひとつ、そのあたりを教えて頂くふりをしつつ、誰かと仲良くなってしまおうか・・などと、悪巧みを・・・。いやいや、この話はこの辺にしておきましょう。
まあ、夏の夕方、原宿に行くというのも、15,6年ぶりのことでありましたが、すっかりオシャレになった裏原宿あたりも、なんともいえず楽しく、歳など関係なく、また遊びに行こう!と決心した頑固8鉄でありました。そう、好きなモノは歳なんて関係ありません。そして、最後は時間がノンビリ流れる下町にルンルン気分でビールを持って移動。誠に優れたロックンロールアイテムが備蓄されたTHE KINGの倉庫にGO CAT GO !っという案配。 キミたちも早いとこTHE KING frindly relation memorial cardを10枚突破させ、この環境を手に入れるべしですぞよ!!


   夏がくぅ〜れば思い出すぅ〜♪ はるかなぁ 尾 ♪・・・・・    っていうかっ 誰か いい加減 止めてぇ〜〜!!
 

 ってなわけでございまして、皆様大変お疲れ様です、アタシャです。この時期いつも通販でお世話になっている方々におきましては、サントリーさんのザ・プレミアムモルツでもお中元としてサクサクっとリズムよく贈ってあげたいのは山々なのでございますが、どうかここは自前でやってくださぁ〜い なんてタンザクに記し、ニッポン人らしく七夕を素直に迎えていた今日この頃、そちらの方はいかがですか? 宮城の地震で、大お得意様の安否におきましては、ご本人様よりゼンゼン大丈夫っス!というお声がありました事も御報告させて頂きましょう。
よっしゃ!

 いやいや、これから夏を迎えるというのに、秋冬物のネップパンツをゲットされ、かなりキテるブツでしたぁ〜大満足です!! なんてメールを頂けると、もう死ぬほど励みになりますよぉ〜。普通はシーズンに合わせて服などを買うもんですが、そう、季節というモンを全くといって無視されている皆様の情熱にはやられてしまいます。こういう方々ってホントお好きな方達に思うし、シーズンが到来した時、ネップやカスリがあるとは限らないぞ!って予測するその"読み"のスルドサにも脱帽です。
 う〜ん、確かにここでは季節に合わせた展開ってあんま真剣には考えてませんなぁ〜。え!? それはなぜって? そ、そりゃ〜ア〜タ〜! 季節に合わせた物づくりっつうよりも、エネルギーに満ちたロックンロールアイテムを作りたいだけという気持ちの方が強いから! んまそんなところでしょうか。だから、ほれみなさい、こういう時期にもかかわらず、今回もおかまいなくスーツなんか出しちゃって。。。確かに季節に合わせてリリースできれば、それに越した事ございやせんが、先程言った通り、シーズンが到来した時、おいしい素材が確実に確保できる保証が無く、ケースバイケースとしか言いようがないんですね。日々、カスリのパンツやシャツを出してちょ! っと鬼のように言われりもしますが、解っちゃいるれど力不足な為、中々出せないっていう現状でもございまして・・・・・このあたりがまた永遠のテーマでもあるんです、ハイ。 なんだか気難しいハナシでしたね、失礼致しました。それでもせっかくの皆様からの熱いリクエストは、時間はかかるもの絶対応えたい、そう考えている次第です。

 
ふぅ〜なんだかんだ今年でNassau製作も20年となりました。とは言いつつ1988年頃がまだつい先日! いや昨日の事っていうアンポンタンな感覚のアタシャです。やっぱこの中毒から抜けられないのであります。ただのスーツやジャケットではなく、これはロックンロールアイテム!(いわば美術品)っという意識があるからこそ、止められないのであります。今回は、あたかも8鉄先生の前回のコメントにその呼吸を合わせたかにも思われるかもしれませんが、実際そんなタイミングよくスーツやジャケッの生産はここでは難しく、これらの素材の発掘はもっと以前となります。シャークスキンというフレーズにおいてはアタシャよく知りませんでしたが、要するこんな感じぃ?ってセンセイにお見せしたした所、「うおぉぉぉ〜こ、こっ、コレは! 」なんてなっちゃってセンセイかなり大エキサイト! (過去のSP-065でも意識してます。)一方、アタシャの中ではこのイメージが長年あったもので、いつの日か理事長級を出してみたいと星に願い、ひっそり温めていたものだったのです。御覧のとおりの価格とさせて頂いた事はどうか何卒御理解下さい。ちなみにこの発掘は、おもわず小躍りする余裕は無く、 昭和の歌手. 東海林太郎(ショウジタロウ)さんのごとく 直立不動でひたすらガッチりと かたまるだけでございました! 

 ガソリンの値上げを理由に後半は2カ月くらい休暇を頂かせて・・・なんて考えておりましたが、50万年早いわい ドアホっ!!ってまたまた天から聞こえてまいりましたので、ひとまず3000エン分給油し、後半そぉ〜と走り出したミステリートレイン号というところでしょうかぁ。
 これからの時期、町内会の催し物などで、引っ張り出されたりといろいろある事と思います。ケガや病気にくれぐれも御注意下さいませ! 後半も道中、よろしくお願い申し上げます、楽しく参りましょう!  
 今夜は定番芋焼酎 黒霧島さんでもクビクビいかせていただきま〜す♪         
 

GO TO HOME