8鉄風 ROCK COLUM by 8TETSU Vol.49
                                                                                                                                                                                                          
 
 懐かしの昭和 2: ヤカン親父の逆襲

 引き続き、こんにちは。
昭和36年、東京生まれの頑固8鉄です。
「昭和の子供」だったわたくし頑固8鉄の小学生時代の思い出話をお送りする「懐かしの昭和」、第2回目は、「ヤカン親父の逆襲」。

近頃の大人(もちろんわたくしもそのひとりですが)、他人の子供を叱らなくなった、なとど言われているようです。
たしかに、最近は、「モンスター・ペアレント」というのでしたか、下手に叱ったりすると、逆ギレしたり、逆恨みしたりするおっかない親御さんも結構な数いるそうで。
叱りたくても、おっかなくて叱れない、そんなこともあるような気もします。

さてさて、昔、わたしらが子供だった時分は、自分の親や学校の先生はもちろん、近所にたいてい、すぐに怒る(もちろん理不尽なんではなくて、しっかりと叱る)おっちゃんがいたものです。

もちろん、わたくしも、そんなおっちゃんとのバトルを繰り返した思い出が。
そして、数十年の時を経て、そのおっちゃんとばったり出会ってしまったら・・・。
これは、実際にわたくしの身に起こったちょっと面白いお話です。




1971年。東京。

……

僕とタカちゃん、ヨウイチはいつも3人一緒。
野球が好きで、漫画「巨人の星」みたいに、「特訓」と称して、いつもボール投げをする仲間だ。

ボール投げをするのは近くの広場。といっても、アパートの駐車場なのだけど、だだっ広いわりには車がほとんど停まっていなかった。
その広場に面したアパートの2階には、いつもおっかないおじさんが住んでいた。



僕らのボールが2階の窓に当たったり、僕らが大騒ぎをして遊んでいると、

「こらあああ!! うるさいぞ!!」

窓から顔を出して、かんかんになって怒る。

そのたびに、僕らは「気をつけますから……ごめんなさい」と謝ってばかり。

だけど、おじさんがひっこむと、

「あのおじさん、なんであんなに怒るんだ!」
「そうだそうだ! 子供が遊んでなにが悪い!」
「ココロが狭いんだ。あのはげ!」
悪口を言いまくった。

そのおじさんは、つるハゲで、窓から顔を出すと、頭が陽光で反射していた。それが怒ると、真っ赤になって、まるで、蒸気を吹き上げるヤカンのようだったので、僕らは、おじさんを「ヤカン親父」と命名することにした。

それから、僕らはおじさんが怒って顔を出すたびに、「うるさい!! ヤカン!!! ひっこんでろ!!!」と怒鳴り返すことにしたのである。



「こら!! もう夕方だぞ!! いつまでもうるさい!!」
「出たな! やかん!!」
「なんだと!! 小生意気な悪ガキどもが!!」
「やーい! やーい! やかん! やかん! はーげ!」
「そこで待ってろ! とっちめてやる!」

おじさんが出てくる前に退散したのは言うまでもない。

それからちょくちょく「ヤカン親父」とのバトルは続いた。僕らは面白がって、おじさんを見ただけで「ヤカンだー!」と言って笑うようになった。

しばらくして、僕は突然、母からひどくしかられた。


「いいかげんにしなさい。あのおじさんはいい人なのよ。」

タカちゃんもヨウイチも同じように、とっちめられたらしい。
そして、3人そろって、「ヤカン親父」に謝りにいくことになってしまった。
僕らはヤカン親父の部屋の前で、呼び鈴をおして、出てくるのを待った。

「どうしよう。きっといつもみたいに、かんかんになって怒鳴るんだろうな。頭から湯気たててさ!」
「ごめんなさい、なんて言ったら、ぜえったい、馬鹿者が!!謝れば済むとでもおもってんのか! なんて説教されんだろうな・・・。」

僕らはシュンとなったけど、3人ともおかあさんに約束してしまったのだから仕方ない。覚悟は決めてきたのだ。

ドアが開いて、ヤカン親父が出てきた。

「お、どうしたんだ。今日は?」
「あ、あの……」

ヤカン親父はなぜかニコニコしている。

「ごめんなさい。ひどいことばかり言って……」
僕が口火を切った。

「すいませんでした!!」

3人そろってペコリと頭を下げた。

「があっはっはっはっ!!」

すると、ヤカン親父は愉快そうに笑いだしたのだ。

「そんなこと言いにきたのか。あははは、ああ、可笑しい。」

僕らはポカンとしてしまった。

「あはははは。面白い子たちだなあ。まあ、あがんなさい。」

そして、僕らは、ヤカン親父と奥さんから、お茶とお菓子をごちそうになってしまったのである。



「遊んでもいいけどな、人様の迷惑も少しは考えなさい。」

もう、いくら禿げていても「ヤカン」でなくなったおじさんは、ニコニコしながら言った。

「はい!」と僕ら。

「それに、おまえらだってな、いつか、ハゲるぞおお!みろおお!!」

頭のてっぺんをこちらに向けたおじさんと僕らは、みんなで腹を抱えて笑った。



……

1995年、千葉。

子供が生まれたばかりの僕は、かみさんを家において、同居の母と近所のスーパーに買出しにいった。

そのとき、食品売り場で、母が年配の夫妻とばったり会って、

「まあ!! 久しぶりです!」

と懐かしそうに挨拶した。

「ほら、覚えてる? あんたが子供のとき、アパートに住んでた……」

僕は、思わずゲラゲラ笑い出してしまった。と同時に逃げ出したくなった。

「ああああ!! ヤカ……。」

思わず言いそうになって、僕は言葉を呑んだ。

「わははは!! そうだよ! ヤカン親父だ!! 」

おじさんはますますハゲていたけれど、その顔には満面の笑みがあった。

GO TO HOME